東京都渋谷区富ヶ谷にある教会です。「ベテル」という名前はヘブライ語で 「神の家」と言う意味です。聖書を大切にしています。
ブログ

み言葉と黙想

8月3日「福音にふさわしい生き方の勧め」

フィリピの信徒への手紙1章22~30節 「ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい。」(27節より) 黙想: キリスト者が少数の日本において、この世的な利益と必ずしも繋がっていない信仰に加わることのメリットは何 …

8月2日「恵みの証し」

フィリピの信徒への手紙1章12~21節 「口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。」(18節より) 黙想: 福音を伝えることに関して、この …

8月1日「本当に重要なこと」

フィリピの信徒への手紙1章1~11節 「わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。」(9、10節より) 黙想: 8月になりました。暑 …

7月31日「主に感謝」

詩編118編19~29節 「恵み深い主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。」(29節) 黙想: 聖書の御言葉を読んでいると、主が恵み深いお方であることが分かります。 徹底的に人を愛していなければ、身代わりに十字架にかかること …

7月30日「わたしの救い」

詩編118編8~18節 「主はわたしの砦、わたしの歌。主はわたしの救いとなってくださった。」(14節) 黙想: 苦しみの中にいる時にもその苦しみを知っている人がいれば自暴自棄にならずに済みます。 詩人は主なる神が自分のこ …

7月29日「苦難の中にある自由」

詩編117編1~118編7節 「苦難のはざまから主を呼び求めると、主は答えてわたしを解き放たれた。」(5節) 黙想: 「解き放たれる」は広々としたところにいることを意味します。 苦難の時は肉体的・精神的に追い詰められます …

7月28日「義人の死」

詩編116編12~19節 「主の慈しみに生きる人の死は主の目に価高い。」(15節) 黙想: 自分がしたいことを一番にせず、神を一番にする生活は窮屈に見えて、自由で安心があります。 自分の欲望が満たされないとして、自分の周 …

7月27日「祈りを聞かれる主」

詩編116編1~11節 「わたしは主を愛する。主は嘆き祈る声を聞き、わたしに耳を傾けてくださる。生涯、わたしは主を呼ぼう。」(1、2節) 黙想: 激しい苦しみを受けている時や裏切られた思いを抱く時には平静ではいられません …

7月26日「祝福」

詩編115編9~18節 「主を畏れる人よ、主に依り頼め。主は助け、主は盾。主よ、わたしたちを御心に留め、祝福してください。」(11、12節より) 黙想: 主なる神は偶像と違って私たちを守ってくださいます。 見えないものを …

7月25日「偶像ではなく」

詩編115編1~8節 「偶像を造り、それに依り頼む者は皆、偶像と同じようになる。」(8節) 黙想: 偶像とは人間が造った拝む物。 拝金主義者にとってのお金、名誉欲にとっての地位や名誉、健康主義者にとっての健康や長寿など、 …

« 1 64 65 66 68 »
PAGETOP
Copyright © 日本基督教団 ベテル教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.