東京都渋谷区富ヶ谷にある教会です。「ベテル」という名前はヘブライ語で 「神の家」と言う意味です。聖書を大切にしています。
ブログ

み言葉と黙想

3月11日「神のものは神に」

マタイによる福音書22章15~22節 「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」(21節)   今日は東日本男震災が起きたことを記憶する日です。被災した人たちの思いが形になり、安心して暮らせる町ができま …

3月10日「選ばれる人」

マタイによる福音書22章1~14節 招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。(14節)   黙想 神の国は近づいたという福音は誰にでも伝えられていますが、この言葉に関心を持つ人は多くはありません。福音を信じる人 …

3月9日「頑なではいけない」

マタイによる福音書21章33~46節 だから、言っておくが、神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい実を結ぶ民族に与えられる。(43節)   黙想 祭司長や長老は自分たちの信念を見直すことをせず、福 …

3月8日「救いへの道」

マタイによる福音書21章23~32節 「はっきり言っておく。徴税人や娼婦たちの方が、あなたたちより先に神の国に入るだろう。なぜなら、ヨハネが来て義の道を示したのに、あなたたちは彼を信ぜず、徴税人や娼婦たちは信じたからだ。 …

3月7日「祈りの家」

マタイによる福音書21章12~22節 『わたしの家(神殿)は、祈りの家と呼ばれるべきである。』(13節より) イエス様は神殿の境内で商売していた人たちを追い出し、そこは「祈りの家」であることをお示しになりました。何もそこ …

3月6日「人々の期待と歓迎」

マタイによる福音書21章1~11節 こうしてイエスがエルサレムに入られると、都中が大騒ぎになり、「この人はだれなのか」と言った。群衆は「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言っていた。(10,11節) 黙想 …

3月5日「憐れんでください」

マタイによる福音書20章17~34節 「主よ、ダビデの子よ、わたしたちを憐れんでください」(30節より) 黙想 イエス様は仕えられるためではなく仕えるために来られました。私たちはイエス様にお願いをしてもいいのです。 目が …

3月4日「約束を果たす神」

マタイによる福音書20章1~16節 主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同 …

3月1日「結婚について」

マタイによる福音書19章1~12節 あなたたちは読んだことがないのか。創造主は初めから人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから、二人はもはや別々ではなく、一体である …

2月28日「主が贖ってくださった」

マタイによる福音書18章21~35節 あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。(35節) 黙想: 借りたものは忘れるが貸したものはいつまでも覚えているという …

« 1 3 4 5 65 »
PAGETOP
Copyright © 日本基督教団 ベテル教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.