東京都渋谷区富ヶ谷にある教会です。「ベテル」という名前はヘブライ語で 「神の家」と言う意味です。聖書を大切にしています。

ブログ

3月1日「結婚について」

マタイによる福音書19章1~12節 あなたたちは読んだことがないのか。創造主は初めから人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから、二人はもはや別々ではなく、一体である …

2月28日「主が贖ってくださった」

マタイによる福音書18章21~35節 あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。(35節) 黙想: 借りたものは忘れるが貸したものはいつまでも覚えているという …

2月27日「天の父の御心」

マタイによる福音書18章10~20節 そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。(14節) 黙想 迷子になった羊を探しに行くお話には神の優しさが描かれています。絵本にもなってい …

2月26日「いちばん偉い」

マタイによる福音書18章1~9節 はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。(3,4節) 黙想: 誰 …

2月25日「人を思いやる」

マタイによる福音書17章14~27節 しかし、彼らをつまずかせないようにしよう。湖に行って釣りをしなさい。最初に釣れた魚を取って口を開けると、銀貨が一枚見つかるはずだ。それを取って、わたしとあなたの分として納めなさい。( …

2月24日「イエス様の変容」

マタイによる福音書17章1~13節 六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。(1,2節) …

2月23日「キリストの御受難」

マタイによる福音書16章13~28節 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。(25節) 黙想 ペトロがイエス様を救い主キリストと証しした後に、イエス様は死と復活を予告されまし …

2月22日「パン種に注意」

マタイによる福音書16章1~12節 イエスは彼らに、「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい」と言われた。(6節) 黙想 ファリサイ派は自分たちだけが聖くあれば良いと考えていた集団で、サドカイ派は政治権 …

2月21日「祈りを聞かれる主」

マタイによる福音書15章21~28節 そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。(28節) 黙想: 救いや癒しは私たちの行いによって …

2月20日「癒される主」

マタイによる福音書15章21~28節 大勢の群衆が、足の不自由な人、目の見えない人、体の不自由な人、口の利けない人、その他多くの病人を連れて来て、イエスの足もとに横たえたので、イエスはこれらの人々をいやされた。(30節) …

1 2 3 62 »
PAGETOP
Copyright © 日本基督教団 ベテル教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.