ルカによる福音書22章54~62節
主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度、私を知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。(61,62節)
 
黙想
ペトロはイエス様が受難を予告された時、「一緒に死ななければならなくなってもあなたを知らないとは言いません」と決意を語っていましたが、イエス様が捕まってしまうとイエス様を3度知らないと言ってしまいました。その時のペトロを見るイエス様のまなざしは赦しにあふれていたに違いありません。ペトロは主の言葉を思い出し、激しく泣きました。
 
この涙は自分の非を認め、そして主が赦されたのを感じていたたまれなくなってのものでした。その後、ペトロは命を惜しまずに熱心に宣教する者となりました。ペトロは主がすべて知っていて受け入れてくださっていることに感謝して主のために人生を捧げました。ペトロのように主に立ち帰りたいと思います。
今日も主の祝福をお祈りいたします。