ルカによる福音書22章24~38節
私は信仰がなくならないように、あなたのために祈った。だから、あなたが立ち直ったときには、兄弟たちを力づけてやりなさい。(32節)
 
黙想
イエス様は、私は仕える者、と言われ、私たちがどのような生き方をすればよいかを教えてくださいました。聖書を読んでいるとイエス様は人々に仕えられているように感じますが、そうではなく人々を癒しつつ放浪しておられました。ローマ皇帝よりも主なる神を信じるように説いて権力者から反逆者と見なされました。
 
イエス様の言葉に真理がありますが、多くの人々には理解されませんでした。イエス様はご自分がいなくなっても弟子たちが神の国を宣べ伝えることができるように、信仰がなくならないようにと祈っています。恐れることなくイエス様の生き方に倣い、神の国を宣べ伝えていきたいと思います。
今日も主の祝福をお祈りいたします。