ルカによる福音書22章1~13節
イエスは言われた。「都に入ると、水がめを運んでいる男に出会う。その人が入る家まで付いて行きなさい。」(10節)
 
黙想
イエス様はユダヤの三大祭りの一つである過越祭の食事の準備をするよう弟子たちに言われました。弟子たちがどこに用意しましょうかと言うと、水がめを運んでいる男に出会うので付いて行きなさいと言われました。
 
この人は神さまの御用を果たしているとは思ってもいないで、ただ自分の仕事を誠実に黙々とおこなっていました。しかしこの人は知らないうちに御子イエス様の御用を果たしたのです。
 
私たちの仕事や家事も同じだと思います。誠実に日々のことをおこなっていれば主は用いてくださいます。私たちは周りに水がめを運んでいる多くの人に出会っています。
今日も主の祝福をお祈りいたします。