ルカによる福音書21章1~9節
戦争や騒乱があると聞いても、おびえてはならない。こうしたことは、まず起こるに違いないが、それですぐに終わりが来るわけではない。(9節)
 
黙想
数十年の歳月をかけて建てられ何百年もたち続ける荘厳なエルサレム神殿を見て、それに感心している人たちがいました。しかしイエス様はそれが壊されて瓦礫になることを預言されました。
 
弟子たちが、いつ、どのようにとイエス様に聞くと、イエス様は「惑わされないように、戦争や騒乱があると聞いてもおびえてはならない」と答えられました。
 
私たちは何か起きるならばその時と場所とその兆候を知りたくなりますが、それを知れば人々はパニックを引き起こすでしょう。不安と恐れは人を迷わせ不信に陥らせます。それよりも神さまに信頼しておびえないようにしたいと思います。神さまは信頼に足るお方です。
今日も主の祝福をお祈りいたします。