ルカによる福音書20章9~19節
イエスは彼らを見つめて言われた。「それでは、こう書いてあるのは、何のことか。『家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。 』 その石の上に落ちる者は誰でも打ち砕かれ、その石が落ちて来た者は、押し潰される。」(17,18節)
 
黙想
イエス様はたとえで話をされます。ブドウ園の主人は神、管理者は人間です。神は人間がご自分の心を無視し続けるならば人間を滅ぼすということが語られています。恐ろしいことです。人間が神の御心に反してこの世界を自分たちのものにしてしまうならば滅ぼされてしまいます。このことを心から恐れなければなりません。神の裁きは生きている間だけでなく死んだ後も続きます。
 
しかし私たちはどうしても自分の欲望を優先してしまいます。自然を破壊し、他者のものを欲しがり、すべてを自分のために利用しようとしてしまいます。神の裁きから免れるよう心を入れ替えなければなりません。
今日も主の祝福をお祈りいたします。