ルカによる福音書16章19~31節
もし、モーセと預言者に耳を傾けないならば、たとえ誰かが死者の中から復活しても、その言うことを聞き入れはしないだろう。(31節より)
 
黙想
金持ちと貧しいラザロのお話は聖書の有名な箇所です。貧しい人に施しをしなかった金持ちが死んで葬られ、陰府でさいなまれました。金持ちが目を上げるとラザロは父祖アブラハムの所にいました。金持ちだった男がアブラハムに「ラザロを兄弟姉妹の所に遣わして悔い改めるよう言い聞かせてください」と懇願すると、アブラハムは「すでに使者を遣わした」と答えた、というものです。
 
生きている間に自分の利益や楽しみだけを求めれば死後の裁きを免れないことを教えられます。少しは良いことをしているという思いも神を恐れないならば同じことです。
 
世界に主の平和が成りますように。
今、苦しんでいる人々をお助け下さい。
そのために私たちを用いてください。
主の祝福をお祈りいたします。