ルカによる福音書16章1~18節
どんな召し使いも二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を疎んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。(13節)
 
黙想
イエス様は、お金を管理している者がそれを使って隣人との交わりを手に入れようとするたとえを用いて、この世の富より神さまとの交わりを求めるよう勧めています。神と富の両方に使えることはできません。富を追い求める者は隣人との交わりも神との交わりも失ってしまいます。
 
富に執着するのではなく富を正しく使うことに心を遣わなければならないことを教えられます。交わりとは関係であり交流です。富は交わりを強め豊かなものにするためのものです。
ウクライナと世界の平和のために祈ります。
悪の手下たち、御言葉に耳を傾けよ。劫罰を恐れよ。
今日も主の祝福をお祈りいたします。