ルカによる福音書15章1~10節
あなたがたのうちに、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を荒れ野に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し歩かないだろうか。(4節)
 
黙想
今日の箇所は「失われた1匹の羊のたとえ」として有名な箇所です。100匹の羊のうち1匹を見失ったら見失った1匹を見つけ出すまで捜し歩く羊飼いは神さまで、神さまはすべての人を大切にしていることを表しています。
 
体が動かなくなっても、良く忘れるようになっても、神さまは駄目だねとは言わず、いつまでも導いていてくださいます。自分で自分が情けなくなっても、神さまはしっかりと支えていてくださいます。
今日も主の祝福をお祈りいたします。