東京都渋谷区富ヶ谷にある教会です。「ベテル」という名前はヘブライ語で 「神の家」と言う意味です。聖書を大切にしています。
ブログ

み言葉と黙想

9月11日「愛し慈しむ神」

エレミヤ書31章1~9節 私はとこしえの愛をもってあなたを愛し、慈しみを注いだ。(3節より) 黙想: 主なる神は永遠の愛で私たちを愛し、慈しみを注いでくださいます。 私たちが苦しみや悲しみのさ中にいる時、イエス様の十字架 …

9月10日「癒す主」

エレミヤ書30章12~24節 さあ、私があなたの傷を治し 打ち傷を癒やそう――主の仰せ。(17節) こうして、あなたがたは私の民となり 私はあなたがたの神となる。(22節) 黙想: 傷を癒し、恥を覆ってくださるのは主なる …

9月9日「主が救い出す」

エレミヤ書30章1~11節 私があなたと共にいて救い出す――主の仰せ。 私があなたを散らした先の国々はすべて 私が滅ぼし尽くす。 けれども、あなたを滅ぼし尽くすことはない。 私はあなたを公正によって懲らしめる。 あなたを …

9月8日「神の裁き」

エレミヤ書29章24~32節 すべての捕囚の民に書き送れ。『ネヘラム人シェマヤについて主はこう言われる。シェマヤはあなたがたに預言したが、私は彼を遣わしていない。彼は偽ってあなたがたを安心させようとした。(31節) 黙想 …

9月7日「主の御言葉」

エレミヤ書29章15~23節 彼らが私の言葉に聞き従わなかったからである――主の仰せ。私は、私の僕である預言者たちを繰り返し遣わしたが、彼らは聞こうとしなかった――主の仰せ。(19節) 黙想: 旧約の民は主の御言葉が何か …

9月6日「町の平安を祈る」

エレミヤ書29章1~14節 私が、あなたがたを捕囚として送った町の平安を求め、その町のために主に祈りなさい。その町の平安があってこそ、あなたがたにも平安があるのだから。(7節) 黙想: 私たちが神は唯一だと信じているなら …

9月5日「鉄のくびき」

エレミヤ書28章1~17節 イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。私は、これらのすべての国民の首に鉄の軛をはめて、バビロンの王ネブカドネツァルに仕えさせる。そこで彼らは彼に仕える。私は野の獣まで彼に与えた。(14節) …

9月4日「偽の言葉」

エレミヤ書27章12~22節 彼らに聞き従ってはならない。バビロンの王に仕え、そして生きよ。どうしてこの都が廃虚と化してよいであろうか。(17節) 黙想: 人は甘い言葉を好み、それに希望を抱きます。先の大戦で大本営は各地 …

9月3日「神の御旨」

エレミヤ書27章1~11節 今や私は、これらすべての地を私の僕であるバビロンの王ネブカドネツァルの手に与え、野の獣までも彼に与えて仕えさせる。(6節) 黙想: 私たちは神に安寧と繁栄を願い、脅威があればそれを除いて欲しい …

9月2日「主は待っておられる」

エレミヤ書26章16~24節 ユダの王ヒゼキヤとユダのすべての人々は、主を畏れ、主に願い求めたので、主は彼らに告げた災いを思い直されたではないか。(19節より) 黙想: 主なる神が裁きを行おうとしている時に、指導者や民が …

« 1 2 3 4 46 »
PAGETOP
Copyright © 日本基督教団 ベテル教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.