東京都渋谷区富ヶ谷にある教会です。「ベテル」という名前はヘブライ語で 「神の家」と言う意味です。聖書を大切にしています。

ブログ

10月24日「富める者の落とし穴」

エレミヤ書51章1~14節 豊かな水の傍らに住み、財宝に富む者よ。お前の終わりが来た。命の糸は断たれる。(13節) 黙想 「特権の価値」という本にはアメリカの富裕層家庭の子どもたちが不安、うつ病、薬物中毒、食欲不振、自傷 …

10月23日「主を信じる人々」

エレミヤ書50章33~46節 彼らを贖われる方は強い。その御名は万軍の主。主は必ず彼らの訴えを取り上げ、バビロンの国を揺り動かし、その住民を乱される。(34節) 黙想 神はご自分を信じる人々を見捨ててはおかれません。その …

10月22日「傲慢に対する罰」

エレミヤ書50章21~32節 傲慢な者よ。見よ、わたしはお前に立ち向かうと万軍の主なる神は言われる。お前の日、わたしがお前を罰する時が来た。(31節) 黙想 自らの力を誇り傲慢になるなら、結局は神によって倒され、辱められ …

10月21日「バビロンの滅び」

エレミヤ書50章11~20節 弓を射る者らよ、バビロンを囲んで陣を敷け。バビロンに向かって射かけよ。矢を惜しんではならない。バビロンは主に罪を犯したからだ。(14節)   黙想 バビロンはエルサレムにあった主の …

10月20日「バビロンへのさばき」

エレミヤ書50章1~10節 告げ知らせよ、諸国民に。布告せよ/旗を掲げて布告せよ。隠すことなく言え。バビロンは陥落し、ベルは辱められた。マルドゥクは砕かれ、その像は辱められ/偶像は砕かれた。(2節) 黙想 ユダ国と周辺諸 …

10月19日「アラムへのさばき」

エレミヤ書49章23~39節 わたしはダマスコの城壁に火をつけ/火はベン・ハダドの城郭をなめ尽くす。(27節) 黙想 アラムは周辺の国々を侵略し、偶像礼拝にふけっていました。エレミヤの預言は、命を狙われるほどに、厳しいも …

10月18日「エドムへのさばき」

エレミヤ書49章7~22節 岩の裂け目にいる者よ、丘の頂に立てこもる者らよ、お前の脅しもうぬぼれもお前を支えはしない。お前が鷲のように高い所に巣を造っても、わたしはお前をそこから引き降ろすと、主は言われる。(16節) 黙 …

10月17日「アンモンへのさばき」

エレミヤ書49章1~6節 見よ、わたしは恐れを四方からお前に臨ませると、万軍の主なる神は言われる。お前たちは、ちりぢりに追われ、逃げる者を集める者はない。(5節) 黙想: アンモン人の地は肥沃で農業に適していました。恵ま …

10月16日「モアブの回復」

エレミヤ書48章36~47節 しかし、終わりの日に/わたしはモアブの繁栄を回復すると/主は言われる。ここまでがモアブの審判である。(47節) 黙想 主の目から見れば神に背かない国はありません。国も人も神のもとに満足するこ …

10月15日「モアブの傲慢」

エレミヤ書48章26~35節 我々は、モアブが傲慢に語るのを聞いた。甚だしく高ぶり、誇り、傲慢に、驕り、慢心していた。(29節) 黙想 船の外にある水は船を沈めることはできませんが、中にある水は船を沈ませます。同様に、私 …

1 2 3 49 »
PAGETOP
Copyright © 日本基督教団 ベテル教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.