東京都渋谷区富ヶ谷にある教会です。「ベテル」という名前はヘブライ語で 「神の家」と言う意味です。聖書を大切にしています。

ようこそ、ベテル教会のホームページへ!
昔ながらの木造の礼拝堂があなたをお迎えします。少ない人数ですがアットホームな教会です。
ここで今も生きて働いておられる主なる神さまのことをお伝えしています。
庭の木々や花を眺めるだけでも心が癒されます。忙しさからちょっと抜け出して、日々を振り返る時間を持ちませんか。どなたも歓迎いたします。
礼拝は日曜日10時半から11時半まで。

お知らせ

10月20日の主日礼拝案内

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認すること」 Faith is the substance of things hoped for, the evidence of things not seen. …

10月13日の説教を公開しました

10月13日の説教を公開しました。「富んでいる人、貧しい人」をお聞きください。 「説教集」にあります。

ホームページを公開しました。

ベテル教会のホームページを公開いたしました。

ブログ

10月16日「落穂ひろい」

レビ記23章9~22節 「畑から穀物を刈り取るときは、その畑の隅まで刈り尽くしてはならない。収穫後の落ち穂を拾い集めてはならない。貧しい者や寄留者のために残しておきなさい。わたしはあなたたちの神、主である。」(22節) …

10月15日「除酵祭」

レビ記23章1~8節 「第一の月の十四日の夕暮れが主の過越である。同じ月の十五日は主の除酵祭である。」(5、6節) 黙想: 祝祭日は生活にリズムを与えます。 ユダヤの人々は7日毎に安息し、春にエジプト脱出を祝う除酵祭、そ …

10月14日「献げ物」

レビ記22章17~33節 「もし、和解の献げ物を主にささげ、満願の献げ物、あるいは随意の献げ物として誓いを果たす場合には、神に受け入れられるよう傷のない牛または羊を取る。どのような傷があってもいけない。」(21節) 黙想 …

10月13日「働く」

レビ記22章1~16節 「祭司はイスラエルの人々が主にささげる聖なる献げ物を汚したり、それを人に食べさせて、彼らに賠償の責めを負わせてはならない。わたしは彼らを聖別する主だからである。」(15、16節) 黙想: 祭司の家 …

10月12日「聖さを保つ」

レビ記21章10~24節 「神の食物としてささげられたものは、神聖なる物も聖なる献げ物も食べることができる。」(22節より) 黙想: 大祭司は祭司たちの上位に立ち、聖別の油を頭に注がれ、職に就きました。 その職務にあって …

PAGETOP
Copyright © 日本基督教団 ベテル教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.